現場レポート&ニュース

住まいの耐震診断の実施状況の低さがアンケート調査で判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内閣府が行った「防災に関する世論調査」の結果から、住まいの耐震診断を51.5%もの家庭で実施していないことが判明。

震災などが自然災害が増えている状況で、個々の防災意識の高まりがあることは間違いないですが、実際にそこまで行動できていないというのが如実に。

実際にアンケートの結果でも、建物の倒壊を7割以上の人が心配しているのにも関わらず、実際に自宅の耐震性をチェックしていない人が多いんです。

ちなみにすでに耐震診断を行っている人が28.3%で、そのうちの24.9%が耐震性を有していることを確認できていますが、残りの3.4%は耐震性を有していなかったということ。

ただ興味深いのが、実際に耐震性を有していなかったのは2.0%で、残りの1.4%は耐震診断を実施したものの、その結果についてはわからないというもの。

ちなみに17.7%の人は、耐震診断もしていないし、行う予定もないということです。

築年数の新しい家なら、耐震性はある程度確保されているという風に考える人が多いのかもしれませんが、欠陥住宅などもあるので、できればやってほしいところ。

また耐震診断もどの業者で行うのかによって、その精度も異なりますし、実際に説明される内容も異なりますの、業者選ぶは慎重に行ってください。

それと「防災に関する世論調査」では、多くの人が震災に備えて準備を行っていることもわかっており、46.1%もの人が地震保険(地震共済を含む)に加入し、45.7%が食料や飲料水、日用品などを準備。

そういった人がいるのに対し、10.4%もの人が特に何もしていないという状況も。

様々な震災が起こるリスクが高まっていることもありますので、この機会にぜひ防災意識に関して、一度考えて見ると良いと思いますよ。

出典:https://survey.gov-online.go.jp/

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 民泊という言葉が一般に浸透するにつれて、様々な問題に浮かび上がってきました。
  2. 4月16日に発生した熊本地震、震度7が2回だけではなく震度5弱以上が15回以上も起こり、現時点...
  3. イギリスも日本より早い段階(2007年)に公表しており、2016年までに全ての新築住宅をZEH...
  4. 住宅金融支援機構は、中古住宅購入時に省エネルギー性能や耐震性などを向上させる性能向上リフォーム...
  5. 本当に有難いことで、ここ最近ラーメンフレームへのお問い合わせが増えています。
  6. 経産省がZEHビルダー登録制度の導入を行い、ZEH物件の本格的な普及を目指すこと、ZEHビルダ...
  7. 初期費用ゼロ物件が増えていますが、大阪府住宅供給公社でも従来よりもさらに一歩踏み込んだ機関保障...
  8. 中古マンションやヴィンテージマンションに対するリノベーション需要が高まり、現在新規参入や相次ぐ...
  9. リフォーム市場の新たな需要の担い手になるのが、相続した戸建てのリフォームの可能性があります。
  10. 2016年度の税制改正大綱が決定し、住宅関連の目玉は何と言っても、「空き家に係る譲渡所得の特別...