現場レポート&ニュース

男性と女性で異なる快適な暮らしの定義や実現したい暮らしとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは実際にどのような暮らしを実現したいと考えていますか。先日、㈱LIXILが行ったアンケート結果から、実現したい暮らしに関する男性と女性の違いが明確に。

多くの人が目指すのは、「快適な暮らし」と「楽しい暮らし」というもので、これは男性も女性もそれぞれが支持しています。

興味深いのは、65~74歳の年齢層では、「元気な暮らし」を支持する人も多く、実現したい暮らしのためには、元気であることが最低条件だと考えている傾向が伺えることに。

さらに快適な暮らしに関しては、「夏涼しく、冬暖かく」「暑さ、寒さを感じない」など、温熱環境に関する部分にポイントを置いていることがわかります。

そして快適な暮らしを阻害する一番の要因は、「ストレス」。

お金に関するもの、仕事に関するもの、健康や病気に関するものなど、年齢や性別が異なるもののん、多くのストレスが快適な暮らしを邪魔している状況が伺えます。

ストレスの原因は、自分や家族だけではなく、近所付き合いや他人という部分もあり、家庭外のことが原因でストレスを感じている人も。

男性の求める快適な暮らしは、「経済的に問題がないこと」で、女性の求める快適な暮らしは、「家の居心地がよいこと」と仕事と家庭ではっきり別れることに。

楽しい暮らしに関しては、男性と女性が同じ意見で、「家族が笑顔で過ごせること」。

やはり快適な暮らしという部分に関しては、男性と女性で異なるイメージを持っていますし、ストレスの原因や家庭に対する考えたかも大きく異なります。

こういった男女間の思考の違いをしっかり理解しておくことが、家庭円満の秘訣になるのかもしれませんね。

出典:㈱LIXIL http://newsrelease.lixil.co.jp/

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 東京都大田区の民泊特区での認定第一号が決定しました。
  2. 政府は10月25日の閣議で国家戦略特区内の民泊について、最低宿泊日数を「6泊7日以上」から「2...
  3. 野村総研が2030年の住宅市況に関する予測を発表しましたが、その際に対策として発表したのが、「...
  4. 民泊という言葉が一般に浸透するにつれて、様々な問題に浮かび上がってきました。
  5. 少し前にも話題になった50年以上未登記の土地問題ですが、今後その傾向がさらに高まり、どんどん所...
  6. 中高層建築市場と言えば、地方などでもかなり需要の多い建築物で、商業施設と居住スペースを組み合わ...
  7. 現在行われている民泊サービスのルール作りを行っている政府の専門家会議では民泊の営業日数制限を行...
  8. 2010年施行の、公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律を活用する為に、地域の工務店...
  9. イギリスも日本より早い段階(2007年)に公表しており、2016年までに全ての新築住宅をZEH...
  10. 分譲マンションでは当たり前の従前積立金ですが、一戸建て住宅ではそういった取り組みを行っている人...